見出し画像

2022年10月3日にNHK学園創立60周年記念式典を行いました

Ngaku_Design Lab

10月1日はNHK学園の創立記念日。今年は創立60周年の年です。NHK学園は還暦を迎えました。
当日は土曜日でしたので、10月3日(月)に創立60周年の記念式典を執り行いました。
記念式典において60周年創立記念表彰を行い、お二人と一組の方々に特別感謝状を贈呈しました。以下にご紹介します。

神野 美智男さん

有朋高等学院前校長・現常任顧問

<神野 美智男さんからのメッセ―ジ>

創立60周年、誠におめでとうございます。またこの度、特別賞を授与していただきましたことは、大変光栄かつ栄誉なことであり、心より感謝申し上げます。
「白駒の隙を過ぐるが如し」など、時の流れの速さを表現する言葉は数多く存在しますが、まさしくそのとおりで、2000年に校長に就任以来、22年の年月があっという間に過ぎ去りました。本校が現在、福島の地になくてはならない学校にまで成長することができましたのは、NHK学園高校の先生方からの深いご理解と全面的なご支援のお陰と本校教職員の努力によるものです。今回の受賞は、本校の教職員を代表して授与させていただいたものと考え、ありがたく授受させていただきます。
今後とも、先生方からのご理解とご支援を賜ることができますこと、NHK学園高校と本校がさらに良好な関係を構築し、両校が末永く歴史を刻んでいくことができますことを祈念し、今回の謝辞とさせていただきます。ありがとうございました。

永田 和宏さん

歌人・「短歌講座」監修者

<永田 和宏さんからのメッセージ>

創立60周年、おめでとうございます。
私は十代の終わりに歌を始め、もう55年以上のあいだ作り続けてきたことになります。これだけ長く作ってきてしみじみ思うのは、作った歌のなかに、その時々の私の時間がすべて残っているということ。これは幸せなことです。
歌を作っていなければ、記憶にすら残っていなかった筈の、その時々の時間がくっきり歌から立ち上がってくる。歌があることによって、私の生きた時間を確かに感じることができる。こんな幸せがあるでしょうか。
人生100年時代。ぜひ、みなさんも学び続けることで、時代に求められる自分の生きる力を身につけ、自分を輝かせてください。このたびは、ありがとうございました。

NHK学園高等学校同窓会

<同窓会会長 田久保 勇さんからのメッセージ>

受賞にあたり同窓会を代表して僭越ながらお礼を述べさせていただきます。
学園創立当時は戦後の混乱から立ち上がり、日本が高度成長期に入り、地方から集団就職で多くの若い方々が都市へ勤めに出てきた時代です。
新たな知識が必要となったことや高校卒業資格が欲しいことで、NHK学園
に入学されました。仕事で疲れて眠い中を放送視聴やリポート作成、協力校、本校スクーリングを受け卒業されていきました。
現在は通信制高校が激増し厳しい環境の中、社会のニーズと社会的な使
命から多くの若い方々を受け入れ、社会へ送り出しています。NHK学園の卒業生は、「現在の自分があるのはNHK学園のおかげだ」と いう気持ちがとても強いのです。 通信制で全国に同窓会があるということは、母校愛が深く、仲間同士の絆 が強く、ご家族の方々のご協力やご理解があることの証しです。 これは全国の協力校の先生方、それを纏める学園の先生方、職員の方々の ご努力の賜物です。
卒業生の心のよりどころとなっているNHK学園が、これ からも社会のニーズを先取りして益々発展されますことを心よりお祈り致し まして受賞のメッセージとさせていただきます。 学園創立60周年誠におめでとうございます。有難うございました。


生涯学習「短歌講座」は開講40周年の記念の年でもあります。「いつでも、どこでも、だれにでも」—学びたい意欲を持つ方々に学習機会を提供し続けてきたNHK学園の理念を共有し、支えてくださった皆様に改めて感謝を申し上げます。

創立60周年記念ロゴとキャッチコピー

式典の最後には、篠原朋子理事長より、初代校長の森戸辰男(元文部大臣)が提唱した「終生学習」のことばを引きながら、全教職員に向けて、私たち自身が学び続けること、進化し続けることの大切さが説かれました。
NHK学園高等学校の在校生が考えてくれた創立60周年のキャッチコピーは「見つけて夢 かなえて未来」。これからも、みなさんが夢を見つけて、かなえるお手伝いができまるように、努めてまいります。


同日に創立60周年記念動画「変わらぬ思いを未来へ」を公開しました!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!